今や人材育成研修は企業が持続的にかつ安定的に成長していくためには欠かせないアイテムとなっています。このため多くの企業ではそれを取り入れているところです。ここではそんな人材育成研修についての特徴及び注意点について紹介します。

人材育成研修の目的

人材育成研修を実施する目的は様々です。こうした目的を良く理解したうえで、研修を実施するとより効果的かつ効率的な研修を実施することが出来ます。ここでは人材育成研修における3つの目的についてお伝えします。

View more

生産性の向上を図る

生産性の向上を目指すのは企業利益に関わることから研修を行う上でも最も重要な目的です。どのような内容の研修に仕上げるにしても最終的には生産性にプラス効果を示さなければ意味がないと考えなければ…

経営戦略を具現化する

新しい経営戦略を打ち出して取り組んでいくときにはいかにして全社に共通認識を持たせ、構成員の一人一人が適切な役割を果たそうという気持ちを抱くように仕向けるかが重要になります。その機会としてう…

企業業績の向上に貢献する

人材育成研修の大きな目的の一つとしてよく掲げられるのが、その研修を通して各人が企業業績の向上に貢献する意識を持たせることです。企業は利益を上げ続けていかなければ存続することはできません。…

人材育成研修の注意点

人材育成研修には様々な特徴がありますが、その使い方を誤りますとせっかくの研修も効果が出なくなります。そうならないように、ここでは人材育成研修を成功に導くためのいくつかの注意点について紹介していきます。

View more

研修を実施する目的をきっちり設定すること

研修前の準備や研修後のフォローにも対応すること

費用対効果を十分に検討すること

業績に直結する人材教育

企業は明らかな目標を掲げていて、その殆どが業績の向上に直結するものです。そのため、企業で働く人材は常にどのように仕事をしたら企業の業績向上に直結するかを考えて行動することが求められます。社員のやる気を引き出したり、仕事の能力を向上させたり、さらには問題処理能力を身につけるために重要なのが人材育成研修です。企業人には常に将来を見据えて行動する力が求められるため、定期的な人材育成教育が求められます。しかしながら、人材を育てるためには企業はそれなりに費用をかけることが求められます。会社の規模や資力にもよりますが、人を育てるということはお金がかかります。十分にコストを掛けられない場合には、IT技術の活用でコスト削減を図ることが一般的です。

費用削減のため海外で研修を

日本経済の長引く不景気の影響から、日本企業では人材育成に十分な費用をかけられないというところも増えています。そこで、費用対効果を考えたときに新たに提示された解決策の一つに、海外で人材育成研修を実施する方法があります。需要が高まっているのが、インドやフィリピンといった英語が公用語の発展途上国です。人件費が安いので、日本国内で研修を行なうよりも遥かにコストを削減することができ、それでいて質の高い人材教育を受けることができます。この傾向はIT企業などでの傾向が強く、新人研修などを一括してインドやフィリピンなどの英語を主要言語とする国で実施する会社が増えているのです。費用対効果も抜群なので、この傾向はこの先も続いていきます。

© Copyright Popular Employee Training Methods. All Rights Reserved.