企業業績の向上に貢献する

企業の利益を考えさせよう

人材育成研修の大きな目的の一つとしてよく掲げられるのが、その研修を通して各人が企業業績の向上に貢献する意識を持たせることです。企業は利益を上げ続けていかなければ存続することはできません。利益は売上から経費を差し引くことによって求められるものだということを誰もに理解してもらうのが前提になります。売上を伸ばすのにいかにして貢献すべきか、無駄な経費をかけないためにはどうしたら良いかを普段から考える習慣をつけさせるために研修で意識改革を行うのは重要でしょう。ただ企業の利益がどのようにして生み出されているかを説明するだけでなく、大局的な視野から自分が利益にどのような貢献が可能かを考える機会も提供するのが効果的です。

職種ごとに研修を実施しよう

企業規模が大きくなっている場合には職種ごとに担うべき役割にも違いが生じてきて明確に区分されるようになっているのが通例です。企業業績にどのように貢献するかという観点で研修をするなら、全社員を集めるのではなく、職種ごとに分類した方が効率的でしょう。企業における役割に応じてどんな取り組みが可能かを考えさせやすいからです。営業なら顧客の開拓と維持が重要と平たくは言えますが、専門職同士で話をすればそのために今後どんな戦略を立てられるかといった深い議論ができます。直接は利益を生み出さない経理などの職種でも、業務改善がコストダウンにつながるなどといったアイディアを出すことができるので、職種ごとに研修を行うメリットは大きいのです。

お客様に対する正しい態度を必要とされるのはサービス業だけではないこと、接客の研修を受けることで様々な仕事に役立つことを説明しました。

© Copyright Popular Employee Training Methods. All Rights Reserved.