経営戦略を具現化する

経営戦略の浸透手段として研修をしよう

新しい経営戦略を打ち出して取り組んでいくときにはいかにして全社に共通認識を持たせ、構成員の一人一人が適切な役割を果たそうという気持ちを抱くように仕向けるかが重要になります。その機会としてうってつけなのが社員研修で、経営戦略が定まった時点で臨時で実施しても問題はありません。むしろ一刻でも早く多面的なアクションを起こす必要がある場合には、可能な限り速やかに研修を行った方が良いでしょう。研修では講義によって経営陣が今後の経営戦略について話すことができます。講師を招いて客観的な視点からその重要性を説いてもらうとさらに説得力を高めることが可能です。全社員に経営陣の方針を明確に伝え、疑問に答える機会としては研修は最適と言えます。

講義だけで終わらないようにしよう

経営戦略を推進するためのスタート地点として研修を活用することは可能ですが、話を聞いただけで具体的なアクションに反映されないこともよくあります。特にこのような問題が起こりやすいのが、講義だけで研修が終わってしまった場合です。経営戦略に関する理解をした上で、各構成員が一体何をすべきなのかを考える時間も与えるようにしましょう。グループワークを行って様々なシチュエーションでどんなアクションを起こすべきかを考えさせるのが有効です。新しい方策を立てなければならない場合にはそのアイディアを出してもらい、グループディスカッションをして深く掘り下げていくのが良いでしょう。このようなグループワークを取り入れると経営戦略を速やかに展開できる下地を作れます。

接客のセミナーとは、接客の基本的な知識のほか、お客様に喜んで頂ける心遣いやおもてなしの方法を学ぶセミナーです。より良い接客を提供することが、企業に対する顧客満足度のアップに繋がります。

© Copyright Popular Employee Training Methods. All Rights Reserved.