生産性の向上を図る

企業利益に関わる最も重要な目的

生産性の向上を目指すのは企業利益に関わることから研修を行う上でも最も重要な目的です。どのような内容の研修に仕上げるにしても最終的には生産性にプラス効果を示さなければ意味がないと考えなければ無駄にコストをかけただけになってしまいます。これは組織を構成する個人に焦点を絞って考えてみればわかりやすいでしょう。同じ給与で雇われている人が、今まで生み出していた利益よりも、さらに大きな利益を上げられるように組織に貢献できれば業績は明らかに良くなります。この個人レベルでの生産性の向上を目指し、必要なノウハウを伝授したり、仕事のやり方について考えられる機会を与えたりすると高いコストパフォーマンスが得られるでしょう。

部署レベルでの生産性も肝心

生産性を上げるという観点での研修では個人レベルだけでなく、部署レベルでの効果も得られるようにするのが賢明です。同じ部署でも複数の人が異なる業務を担当し、分業によって効率的に業務をこなせるようになっていることも珍しくありません。しかし、その連携の仕方があまり上手ではなかったり、プロセスの中に不要なものが多かったり、適材適所になっていなかったりすることもあります。また、コミュニケーション不足が生産性を低下させていることも稀ではありません。部署ごとに抱えている問題は異なるため、まずはそのリストアップから始めて研修計画を立てるのが肝心です。部署で共通の目標を持てるようにすると、達成のための適切な連携が生まれてくるようになるでしょう。

クレーム対応の悪さが原因で発生する新たなクレームを「2次クレーム」と呼びます。接客マナーの研修では、2次クレームを生み出さないために、初期対応の重要性をレクチャーすることが推奨されています。

© Copyright Popular Employee Training Methods. All Rights Reserved.