研修前の準備や研修後のフォローにも対応すること

研修前の準備のポイント

研修を行う前には入念に準備をして、受講する人たちに有益な情報を与えられるようにします。効果のある研修をするためにも、まず研修を行う目的を考えます。新人に指導をするのか、それともある程度仕事の経験がある人たちに教えるのかで目的も違ってくるのです。新人が対象の研修なら基本となる就業規則や経営理念、事業内容などを教えるのが目的となります。仕事がある程度でき、経験値が高い人たちにはスキルアップや新しいシステムの紹介など、キャリアアップが出来るような内容にします。 マニュアルや教本を作成するときには誰にでも分かりやすい内容にし、研修が終わってからも読み返せるようなものにすることが大切です。むやみやたらに専門用語を使ったり、分かりにくい表現はなるべく使わないようにします。研修前に配っておけば予習をすることが出来ますし、より集中して研修に臨めるのがメリットです。

アフターフォローも忘れずに

研修をしたからと言ってそれで終わらせるのではなく、アフターフォローも行うことが重要です。研修の目的は様々な知識を学んで貰い、それを実行して貰うことです。研修後には参加者にアンケートを書いて貰い、どのくらい研修の内容を理解することが出来たのか、どのような感想を持ったのか調べます。さらに仕事にどう役立てそうか、研修を受けた後の行動評価をして貰うことも大事です。

またアンケートには運営に関わる意見についても聞いてみることも大切で、会場の雰囲気やスクリーンの見え方などの意見も募ります。その意見を参考に次の人材育成の研修に役立てるのです。参加者の生の声を聞くことで改善点が見つかり、次回はより良い環境で研修をすることが出来るようになります。

バリアフリーの店舗が増加しているため、販売の研修では障がいを持つお客様への対応方法を教育することが推奨されています。

© Copyright Popular Employee Training Methods. All Rights Reserved.